お小遣いドットコムは、転職・求人などを支援する、お小遣いサイトです
医師求人、転職支援【エムスリーキャリア】
◆医師求人、転職支援【エムスリーキャリア】
ソニーグループ運営の医師求人、転職支援【エムスリーキャリア】

親会社運営の医療従事者向けポータルサイト「m3.com」の21万人の医師会員に対して認知度が高い(医師免許保有者27万人)。医療業界に特化した人材紹介、求人広告事業に特化しており、WEB広告は今後随時拡大する。
◆コールセンターのお仕事紹介【大手求人情報サイト セントメディア】

毎月200案件
業界トップクラスの実績!
時給1500円以上のお仕事たくさんあります!
梅田・天王寺・神戸・新宿・渋谷など人気の勤務地はもちろん、案件がたくさんあるから家チカ・駅チカ、好きな街で働けます!
最短3営業日で就業可能65%が中小企業の求人、だから早くて決まりやすい!
待機期間が長いと、お財布に痛いですよね!私たちはムダを省いて、少しでも早くお仕事紹介できるように努力しています。
スタッフ全員で、あなたを徹底的にサポートします!
1人当たりの求人数は3~6件。
決まるまでお手伝いします!
2名体制のサポートで、必ず女性スタッフがつくので言いにくいことがあっても安心です!!
【ポイント】
・コールセンターに特化しているため、高時給の求人案件が多い
・人気職種のため、成果発生しやすい
・エントリー項目が少ない
初級ウェブ解析士認定講座
◆初級ウェブ解析士認定講座
(社)日本WEBデザイナーズ協会が、ウェブマーケティング実務の実践スキル資格として、2010年9月よりスタートした【新しい資格】です。
「ウェブ解析士認定講座」は【10ヶ月で受講者が1,000人を突破】した、非常に人気の高い講座です。北海道から沖縄まで、全国で開催されています。

講座は、3つのステップアップ(初級・上級・マスター)が設けられていますが、
今回は「初級ウェブ解析士認定講座」のご紹介です。

初級講座では、用語から解説しており、初心者でも安心して受講いただけます。
小さな問題を解きながら進めますので、確実に知識が定着します。
ウェブの数字に強くなって、自分の武器にしたい方におすすめです。
【仕事探しのアドバイス】

Q.転職回数が多い場合、短期間で退職した会社、またはトラブルで辞めた会社などを省略してもいいでしょうか?

A.基本的に「職歴欄」にはすべての入社・退社を書くことがルールです。ただ確かに、ご質問のように、短期間の退職、トラブルなどで退職した場合は、履歴書に書くことをためらってしまうかもしれません。しかし、現実に省略するかどうかは非常に難しい問題です。正しい履歴を記載しなかったとして、解雇の理由になってしまう恐れもあるからです。結局、あなたの判断次第ですが、たとえ省略したとしても、このことは面接のときには触れるようにすべきでしょう。隠していることが分かるはずがないと思ってみても、実際問題として、入社後に「雇用保険」の手続きをする際などに、依然どのような会社に雇用されていたかどうかはわかる場合があります。それよりも、なぜ短期間に辞めざるを得なかったのか、その理由をポジティブに説明し、相手に分かってもらえよう、努力してみることが大切なことではないでしょうか。あるいは、トラブルがあって辞めたにしても、その理由があるはずです。問題は、それを相手が「そんな理由では当社に採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」と思わせないだけの姿勢を示し、説得力を持った表現で伝えられるかどうかです。

短期アルバイトなど求人情報が満載【インディビジョン[バイト]】
【仕事探しのアドバイス】

Q.月給、日給、日給月給の違いを教えて下さい?

A.「月給」とは、1か月を単位として支払われる賃金のことです。その中で、欠勤・遅刻などに関わらず、月給を全額支払う方式が「完全月給」であるのに対して、休んだ日に対しては1日の給料分を差し引くのが「日給月給」です。一方、「日給」は賃金の支払いを1日いくらと定めたもので、出勤した日数により賃金が支払われます。

転職・求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】